読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

go_sa_i’s blog

作文は得意な方だった。

Twitterにおけるモテについて考えた時に僕が思う事

まず現実と違ってTwitterの世界では押してはダメです。引いて引いて引きまくりましょう、理由は簡潔でTwitterで押してるヤツでロクな奴を見かけた事がないからです。一方的に押すと絶対にこう思われます『お前じゃない。』
謙虚になって引いていましょう。待つのです。
いつかくるその時を。

そしてひた向きに面白い事を呟き続けましょう、研究の日々です。どんな事がウケるのか?傾向と対策です。四年位(長い)やるとわかって来ます。継続は力なりです。地道な努力です。

そして時々おっぱいと言いましょう。これはとても重要です。語尾につけるとより効果的ですおっぱい。己が隠し持ったエロスをさりげなくアピールするのですおっぱい。これは太古の昔から使い古されたテクニックのひとつですが下ネタは確かに人との距離を縮めるツールなのです。(ここではおっぱいが下ネタに属するのか?という議論は置いておきましょう。)かなり効果的ですのでタイミングをみながら日常的に放り込んでいきましょう。おっぱい。そしておっぱい。

そんな事を四年位(やっぱり長いが急がば回れ)やっていると自分を好いてくれるフォロワさんがチラホラ出始めてきます。ファボを毎日くれる様になってきたらゴールはもう目前です。特に『おはよう』とか『めしうまい』など何気ない呟きに星を付けてくれる人はもう多分相当に好意を持ってくれている筈です!やったね\(^o^)/
でもしかしがっついてはいけません、あくまでも謙虚に謙虚に面白い事をいい続けるのです。ひた向きに。がっつくのは余裕がない男のする事です。

そうするとどうでしょう。ある日いつもと同じ様におっぱい\(^o^)/というと、突然おっぱいDMが送られてきます!!!喜んじゃいますよね!普通だったら!しかし残念、ここで歓喜の雄叫びを上げるのは素人くんですね。はい。ここで喜んではいけません絶対にです。その後に『拾い画ですけどwww』というオチが絶対に待っています。(誰もが経験する苦い思い出)ぬかよろこびというヤツです。殺意はそっと胸にしまい(おっぱいなだけに)その怒りのエネルギーをツイートにぶつけましょう。怒りを面白さに昇華させるのです。そんな日々を繰り返していると、しばらくしてまた来ます。


『私のお乳でよければどうぞ。』と。


文から知性が溢れ出てますよね、これはガチです。ほんまもんです。喜んでいいです。喜びましょう!

しかしこのようなシーンだからクールに!クールにそして冷静になりましょう(落ち着け俺)こんな時にだからこそ男の本当の部分が見えてくるってもんです。

一回深呼吸です。はふぅー

知性が漂う奇特なフォロワさんから

『私のお乳でよければどうぞ』とDM、リプライが送られてきたらこう答えましょう。


『そのお気持ちだけで胸いっぱい おっぱいです。』


と。

はい、と差し出されたおっぱいを揉んではいけません。まずは感謝、そして辞意(自慰じゃないぞ?)

今から僕はものすごく大切な事をいいます。
『おっぱいじゃなくて相手のハートを鷲掴みにするのです。真の男というものは相手を服を脱がして丸裸にするのではなく心を丸裸にして抱き締めるのです。』

ワンチャン狙うとか浅瀬でぱちゃぱちゃと水遊びをしている様なものです。

深い深海への旅にいざ出発だ!おっぱい!